個人アプリ開発で月収5万円目指す

個人アプリ開発で月収入5万円目指す

「定年後の収入に不安を感じる30代会社員」のリアル成長記録

【Unity】初心者が覚えるべきDebug.Logの使い方

環境

Unity 2019.3.7f1

Debug.Logって?

Unity側で用意された標準機能 

Debug.Log()

は定型文です。呪文として覚えましょう!

開発中めちゃくちゃ使うので勝手に覚えちゃうと思います笑

どんな時に使う?

・変数の中身を知りたいとき

・何の処理が行われたかをわかるようにしたいとき(テキストを表示)

・処理が実行されたか確認したいとき

前準備 コンソールウインドウを開く

図1.png

このような画面が出ます。 ここにDebug.Logの中身が表示されます。 image.png

使ってみる

・変数の中身を知りたいとき

スクリプトを用意

 名前はTEST_scriptにしました。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class TEST_script : MonoBehaviour{

    int a;//aというint型の変数を宣言
    
    void Start()
    {
        a = 10;//変数aの中身を10に設定
        Debug.Log(a);//コンソールウインドウに変数aの持っている数値を表示
    }
}



空のゲームオブジェクトを用意 ヒエラルキー上で右クリック→空のオブジェクト作成 image.png

空のオブジェクトが作成された!

image.png


先程作ったスクリプトを空のオブジェクトへドラッグ&ドロップ インスペクターにスクリプトが割り当てられたことを確認

image.png

     

実行ボタン押す

image.png

変数aの中身が表示されました!

image.png



・何の処理が行われたかをわかるようにしたいとき

スクリプトのDebug.Log()のかっこ内を"ダブルクォーテーションで囲んで文字を入力

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class TEST_script : MonoBehaviour
{
    int a;//aというint型の変数を宣言

    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {
        a = 10;//変数aの中身を10に設定
        Debug.Log("aに10を代入");//コンソールウインドウにテキストを表示
    }
}



テキストが表示されました!

  image.png



・処理が実行されたか確認したいとき



if分の中身が実行されたか見てみましょう。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class TEST_script : MonoBehaviour
{
    int a;//aというint型の変数を宣言

    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {
        a = 10;//変数aの中身を10に設定

        if(a == 10)//aが10だったらif分の中身の処理実行
        {
            Debug.Log("if文の中身が処理された");//コンソールウインドウにテキストを表示
        }
        
    }
}



if分の中身が処理されたことがわかります

image.png



少し応用

"a="+a といれるとテキストと変数の中身を同時表示できます。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class TEST_script : MonoBehaviour
{
    int a;//aというint型の変数を宣言

    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {
        a = 10;//変数aの中身を10に設定

        Debug.Log("a="+a);  
        
    }
}

image.png

表示された変数の内容がわかりやすくなります。

楽しいUnityライフを!