個人アプリ開発で月収5万円目指す

個人アプリ開発で月収入5万円目指す

「定年後の収入に不安を感じる30代会社員」のリアル成長記録

これがブレイクスルー!? 副業アプリ個人開発1年4ヶ月の広告収益公開 2020年8月

f:id:marumaro7:20200829212044p:plain

本記事では前回記事からの活動状況と収益の推移を報告します。

marumaro7.hatenablog.com

まずは結果発表!!

ドンッ!!

収益グラフ

うおぉぉぉ!!
なにこれぇぇぇ!!
13,000円!?!?
突然増え過ぎてなにがなんだがわかりませぬ。。。
これがブレイクスルーってやつですか???

突然何があったの?

8月の最初に脱出ゲームをリリースしました。(制作期間2ヶ月)
収益の98%はこの脱出ゲームが生み出してくれています。

今まで作ったアプリの全てを使って生み出したアプリです。
(でも、クオリティ自体は他の脱出ゲームに比べたらかなり低いです。)

play.google.com

apps.apple.com

お礼
ツイッターで宣伝してくださったみなさま
ならびにレビューしてくださったアプリ紹介サイト様
おかげさまでAndroid 部門別急上昇ランキング1位まで獲得できました!!
ご協力いただき厚く御礼申し上げます。 marumaro7.hatenablog.com

しかし現在の収益は・・・

日割りの収益額として、最大で2800円ありましたが、

毎日のアプリインストール数は下がり続け、 月末には60円や90円となっております。

さらにストア検索にでてこない

また、アンインストール率が多いせいか
アプリストアから検索で表示されなくなってしまいました。(悲しい)

とはいうものの脱出ゲームは強い

今まで様々なジャンルのアプリを7本リリースして最大月収380円という結果でした。
今回リリースした脱出ゲームアプリ1本で約34倍の収益です。
アプリのジャンルでこんなにも反応が違うのかと驚いています。

脱出ゲームのジャンルは、ライバルがひしめく環境があるのも事実ですが、
ひとつのアプリにユーザーが固定されることがないので
かなりインストールされやすいです。

収益を狙うなら間違いなく狙い目のジャンルです。

今回、私の脱出ゲームはストア検索から外れてしまいましたが、
やり方次第では、ストア検索で表示され続け、継続的なインストールも狙えると感じています。

脱出ゲームを作りたい方向け教材

脱出ゲームをいざ作ろうと思うと
そこまで情報がないのでオススメの動画教材を載せておきます。

無料教材

脱出ゲームの作り方の基礎からプログラムの効率化まで解説されています。
この情報でかなり助けられました。
一人でやってたら絶対にプログラムは煩雑なものとなり、制作期間は倍増してました。 www.youtube.com

有料教材 (全12時間分)

こちらはプログラムなんもわからん!という超初心者さんでも大丈夫なやつです。

そして、一番ありがたいのは無料教材で語られていないセーブ機能の実装が
1時間40分にもわたり解説されていること。

売れてる脱出ゲームには当たり前のようについているセーブ機能ですが
私のような「ちょっとUnityかじった程度の人」には実装が結構しんどいです。
仮に実装できてもすごく管理しづらいコードになってしまいます。

こちらの教材は私が脱出ゲームをリリースした直後に出てきたのでもっと早く
出てほしかった〜><となりました。

おわりに

今年の収益目標としてアップルデベロッパー代回収を目標に活動していました。
(年間大体12,000円)

まずは、この目標が達成できたので大満足です。
今回の収益は一過性のものなので、新しいアプリ開発をして収益を底上げしたいと思います。



現在は3Dアプリを開発中で
3D実装関係、エフェクト作成、シェーダー、宣伝の仕方
の本を18,000円分買ってしまって、せっかく出た収益を吹き飛ばす暴挙に出ています笑
(まだオンラインまわりの本がほしぃという・・・)

ここまで読んでくださった方へのお願い

文中にも触れましたが、脱出ゲームアプリは現在ストア検索にひっかからない状況です。
この記事が少しでもあなたの糧になりましたら
下記ツイートをリツイートしていただけたら幸いです。