個人アプリ開発で月収5万円目指す

個人アプリ開発で月収入5万円目指す

「定年後の収入に不安を感じる30代会社員」のリアル成長記録

【Unity】UIの透過をスクリプトからまとめて調整するCanvasGroup

環境

Unity 2019.3.7f1

はじめに

ボタンの透過率を変更しても
ボタンに付けているテキストの透過率は一緒に変化しません。

まとめて透過率を変更したいときはCanvasGroupが便利です。

手順

1.透過値を変更したいUIを適当オブジェクトにまとめる
2.まとめたオブジェクトにCanvasGroupコンポーネントを追加
3.スクリプトからCanvasGroupコンポーネントを取得しアルファ値を変更する
 CanvasGroup型の変数.alpha=0f~1f;

具体例

3つのボタンの透過値を実行後50%に変更していきます。

1.ボタンを3つ作成 image.png

2.CanvasにCanvasGroupコンポーネントを追加
image.png

CanvasGroupコンポーネントが追加されました。
image.png


3.スクリプト作成
スクリプトを新規作成します。スクリプト名はCanvasTestとしました。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;//UIを使うとき追加

public class CanvasTest : MonoBehaviour
{
    [SerializeField] private CanvasGroup a;//CanvasGroup型の変数aを宣言 あとでCanvasGroupをアタッチする
        
    void Start()
    {
        a.alpha = 0.5f;//変数aのalpha値を変更
    }
}



4.空のゲームオブジェクト作成&スクリプトをアタッチ
image.png


5.スクリプトにCanvasGroupをアタッチ
Canvasを空のオブジェクトのスクリプトの変数a欄にアタッチ
image.png


CanvasGroupの場所を覚えさせることができました。
image.png


6.実行結果
透過率がまとめて変わりました~。
image.png

おわりに

個別の透過率変更とはサヨナラです♪