個人アプリ開発で月収5万円目指す

個人アプリ開発で月収入5万円目指す

「定年後の収入に不安を感じる30代会社員」のリアル成長記録

【Unity】アプリ名ローカライズ iOS編

iPhoneアプリ名のローカライズメモ

Xcodeで作業するため、アプリビルドが必要。

Xcodeまでの手順はこちら

marumaro7.hatenablog.com

1.言語ファイルの追加

Unity-iPhone
→info
→Localizations
→+
ローカライズしたい言語選択

(私の場合、アプリ名は英語で設定。日本語の時にアプリ名を変更できれば良いのでJapaneseを選択)

f:id:marumaro7:20200801044819p:plain

f:id:marumaro7:20200801045140p:plain:w200

選択するとファイル作ったよーと出てくるのでFinish

f:id:marumaro7:20200801045701p:plain:w400

2.作成した言語ファイル確認

Unity-iPhone
→Unity-iPhone Tests
→Supporting Files
→InfoPlist.strings
の中にJapaneseファイルがあることを確認

f:id:marumaro7:20200801050738p:plain

3.ローカライズしたアプリ名を記入

ローカライズしたいInfoPlist.stringsのファイルにコードを記入

f:id:marumaro7:20200801051210p:plain

/* Localized versions of Info.plist keys */ 

CFBundleDisplayName = "ローカライズ後のアプリ名";

4.Target Membershipチェック

画面右側のTarget Membership
→Unity-iPhone チェック入れる
→Unity-iPhone Tests チェック入れる

ローカライズ説明3-1ローカライズ説明3-2

5.動作確認

iPhoneにビルド後、言語を変更してアプリ名が変更されているか確認

おわりに

慣れたらすぐ設定できそうですね!

Android編はこちら

marumaro7.hatenablog.com